学校だより 6月号

令和3年6月発行

やや風は強い中でしたが天候にも恵まれ、5月29日に予定どおり運動会が開催できました。コロナ禍の中、昨年同様の午前開催となりましたが、多くの保護者、地域の方々にご来校いただき、感謝申し上げます。また、朝早くから使用しなかったテントの片づけや準備、受付の運営に至るまで多くの保護者の皆様に関わっていただき、本当にありがたかったです。終了後、校地内・グラウンドを見て回りましたが、ごみ一つ落ちていない状況を見て、改めて熊坂地区の方々のすばらしさを感じた一日となりました。

『開花のステージ』が始まります

学校では、4月からの『つぼみのステージ』を終え、6月中旬から『開花のステージ』が始まります。『開花のステージ』の目標は、・・・・

今号の掲載内容

  • 5年生 田植え
  • 1・2年生 さつまいも作り
  • 第2回コミュニティスクール推進委員会
  • 7月の主な学校行事

学校だより 6月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 5月号

令和3年5月発行

5月病にかからないために

新年度が始まり、一か月が経ちました。子どもたちは毎日朝から元気に登校し、朝運動にも前向きに取り組んでいます。授業の様子も落ち着いており、今月末に予定されている運動会に向けた委員会・係活動や練習も始まりました。今年度も新型コロナウィルス感染拡大のため、運動会については午前中のみの縮小開催とします。子どもたちにとっても、保護者、地域の皆様にとっても残念なことではありますが、状況をご理解いただきたく思います。
さて、外出制限の要請もあり、なかなか自由に過ごせなかった大型連休も終わりましたが、お子様の様子はいかがでしょうか。この連休明けに心配されるのが「五月病」です。・・・・

今号の掲載内容

  • 5年生 もち米づくり(籾まき)
  • 2年生 野菜作り
  • コミュニティスクール推進委員会
  • 6月の主な学校行事

学校だより 5月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 4月号

令和3年4月発行

学校教育目標「気づき 考え やり抜く子」

新たに24名の新入生を迎え、全校108名で令和3年度が始まりました。入学式、始業式では、子どもたちのかわいらしい笑顔、そしてこれから新しい年度が始まるという希望にあふれた姿を見ることができました。保護者・地域の皆様方の願いと期待に応えられるように、全教職員が一丸となって生徒の指導・支援に努めてまいります。よろしくお願いいたします。
 学校目標達成に向けて、子どもたちに分かりやすくするために、
重点目標と合い言葉を設定しました。・・・・

○重点目標 『すすんでやります 心をこめて』

○合い言葉 『明るいあいさつ きれいな学校』

今号の掲載内容

  • 教職員を紹介します
  • 5月の主な行事予定
  • 心配なことは学校へ・・・

学校だより 4月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 2月号

熊坂小学校長 松下 八十二

 

2月は如月(きさらぎ)です。旧暦の2月はまだまだ寒さが残っており、衣(きぬ)を更に着る月であることから衣更着(きさらぎ)と言われるそうです。また、植物が芽生えることから萌揺月(きさゆらぎつき)とも呼ばれ、春を感じられるようになる月だそうです。周りを見渡してみると、

思いきり 枝はらわれし あわいより

  伸びたる枝に 梅花一輪   [玉井 清弘]

と歌われるように、梅の花が咲き香りを漂わせています。また、校庭にある河津桜が一気に咲き始めメジロが花の蜜を集めに来ていました。寒さの中にも確実に春の訪れを感じさせてくれています。3学期が始まったばかりかと思っていましたが、早くも半分が終わろうとしています。・・・・

今号の掲載内容

  • 感謝の会
  • 仕事の話を聞く会
  • セクシャル・ハラスメント調査について
  • 「体罰」調査について
  • 3月の主な行事予定

学校だより 2月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 1月号

熊坂小学校長 松下 八十二

あけましておめでとうございます

2021年は穏やかな年の幕開けとなりました。初日の出もしっかりと拝め、きれいな富士山も見ることができました。全国的には、コロナウイルス感染が拡大する中ではありますが、何かよいことが待っているのではないかという予感さえ感じる年明けでした。
 今年の丑年がどんな年なのか調べてみました。昔から牛は農作業を最後まで手伝ってくれる働きぶりから、丑年は「我慢する、耐える年」だそうです。また、過去の丑年を振り返ってみると、消費税5%導入、裁判員制度の開始、ハイブリッドカーの販売開始など、新しいことが生まれたり始まったりする年でもあるそうです。コロナウイルスに耐え、その中でも新しいことが始まることを、この一年期待したいと思います。

今号の掲載内容

  • 全校 読み語り
  • 新年 挨拶運動
  • 熊坂の未来を考えるワークショップ
  • 2月の主な予定

学校だより 1月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 12月号

熊坂小学校長 松下 八十二

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と応える人のいるあたたかさ [俵万智]

12月に入ったのと同時に、寒さも厳しくなってきました。子どもたちは歌に詠まれているように、冬の寒さの中でも友だちと声を掛け合い、朝からグラウンドへ出て縄跳びの練習に励んでいます。毎朝グラウンドでは、「二重跳びが跳べるようになった」「後ろあや跳びが○回跳べた」「○○跳びができるようになったので、見て」などの会話が飛び交い、子どもたちの頑張りと成長が伺えます。・・・・

今号の掲載内容

  • 地域とともにある学校
  • 1・2年生 サツマイモの収穫
  • 3・5年生 餅つき体験
  • 1月の主な予定

学校だより 12月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 11月号

熊坂小学校長 松下 八十二

奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋は悲しき[猿丸太夫]

という歌が小倉百人一首の中にあります。歌では鹿は山奥で鳴いているとありますが、今年は学校の近くで鳴く鹿の声をよく耳にしました。鹿の鳴き声が聞こえるのがどこであれ、秋が深まってきたということです。・・・・

運動会~心を一つに気合いを入れてがんばろう~

コロナウイルスのために5月から延期されていた運動会が、10月31日(土)に秋晴れの雲一つない晴天の下、実施することができました。子どもたちは、コロナウイルスのために制約されることがたくさんある中、この日のために一生懸命に練習に励んできました。多くの保護者や地域の方に、頑張る子どもの姿を見て、応援していただくことができました。本当にありがとうございました。・・・・

今号の掲載内容

  • <持久走大会のコースが変わります>
  • 3~6年生講談教室
  • <12月の主な予定>

学校だより 11月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 10月号

熊坂小学校長 松下 八十二

 

10月に入りましたが、まだまだ日中の日差しは強く暑さを感じます。しかし、先月末には富士山で初冠雪を観測したり、朝晩は涼しいを通り越し肌寒さを感じたり、赤とんぼが飛んでいたりと、身近に秋は確実にやってきています。秋は夏の暑さから開放され、過ごしやすい気候になることから集中力が高まり「学習の秋」「運動の秋」とも言われます。学習や運動に最適なこの季節、コロナウイルスにより多くの活動が制約されてはいますが、今という時を大切にし、子どもたちと共に精一杯頑張っていきたいと思います。・・・・

狩野川台風に学ぶ会

62年前の9月26日に発生した狩野川台風は、甚大な被害を受けた熊坂地区や熊坂小学校にとって忘れることができない、忘れてはいけない出来事です。・・・・

今号の掲載内容

  • 土曜学校公開・親子ふれあい体験教室
  • 狩野川台風に学ぶ会・親子ふれあい体験教室の参加者の感想

学校だより 10月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 9月号

熊坂小学校長 松下 八十二

 

まだまだ暑さが続いていますが、そんな中でも風は秋を感じさせてくれるようになりました。8月24日より2学期が始まりました。今年は例年にない短い夏休みでしたが、始業式で見た子どもたちの顔は充実しており、学校が始まることを楽しみにしているように見えました。校内に元気な子どもたちの声が響き、学校に活気が戻ってきました。しかし、コロナウイルスや熱中症の心配はまだまだ尽きません。子どもたちが安全・安心な生活を送れるように、コロナウイルスと熱中症への対策は引き続き行っていきたいと思います。・・・・

~ 9月26日は狩野川台風の日 ~

昭和33年9月26日、狩野川台風のために多くの尊い命が奪われました。熊坂地区にとっても、熊坂小にとっても忘れることができない日です。例年、9月26日は熊坂小学校では、狩野川台風に学ぶ会を実施しています。・・・・

今号の掲載内容

  • 地域の方による登校・下校指導
  • 蛇口水栓コマが新品になりました
  • 10月の主な予定

学校だより 9月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 8月号

熊坂小学校長 松下 八十二

 

7月7日は七夕でした。昇降口に七夕飾りを飾り、多くの子どもたちが願い事を書いてくれました。子どもたちの願いは「将来○○になりたい」「□□のような人になりたい」という願いが多かったのですが、中には「コロナが収まりますように」という願いも見られました。子どもたちの願いも高学年になるほど、現実的なものが多くなっているように思いました。野球のイチロー選手やゴルファーの石川遼選手は、6年生の卒業文集で「プロの選手になる」と宣言し、努力を積み重ね夢を実現させています。熊小の子も、早く将来の目標を見つけ、自分の目標に向かって努力できる子になってほしいと思います。また、七夕の週は授業公開週間でもあったので、保護者の皆さんにも願いを書いてもらいました。ご協力ありがとうございました。

今号の掲載内容

  • コミュニティスクールの取組み
  • 9月の主な予定

学校だより 8月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 7月号

熊坂小学校長 松下 八十二

 

梅雨入りし、日本独特の蒸し暑い日が続いています。長い臨時休業で体力が落ちている子どもたちにとっては辛い日が続いているようで、体調不良を訴える子が先月末には多く見られました。再開後1か月が経ち、子どもたちの学校生活も軌道に乗り始めたのと同時に疲れも出てきたようです。保護者の皆様には、子どもたちが笑顔で元気に登校できるよう「早寝 早起き 朝ごはん」の習慣化に向け、ご協力をよろしくお願いします。・・・・

プロジェクト企画

学校が再開され子どもたちも落ち着きのある生活が送れるようになり、少しずつではありますが周りのことを考え生活ができるようになってきました。くまっこ委員会では、熊坂小学校が素敵なあいさつのできる学校にするために、もっとよいあいさつができるようになるために何ができるか考え、各学年で実践しようと提案をしてくれました。・・・・

今号の掲載内容

  • コミュニティスクールの取組み
  • 8・9月の主な予定

学校だより 7月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 6月号

熊坂小学校長 松下 八十二

学校で子どもたちが、桜やチューリップの花を、新芽で鮮やかな緑に染まった山々を見ることもなく春は終わりました。そして、日差しが強く感じられる初夏になり、やっと学校に子どもたちが戻ってきました。長い休業が終わり学校は再開されましたが、まだまだコロナウイルス感染の心配は絶えません。学校でも3密を避け、毎朝の検温、手洗い、マスク着用を心がけ、対応に努めていきたいと思います。子どもが安全・安心な学校生活を送るためにも、保護者の皆様には今後も継続してご協力をお願いします。・・・・

~5年生の田植え体験~

6月2日(火)に、5年生が田植えを行いました。田植えにあたりコミュニティの方々が休耕田を借り受けたり、苗を育てたり、当日は道路の交通整理をしたりと、子どもたちの田植えを全面的にバックアップしてくれました。

今号の掲載内容

  • 地域とともにある学校
  • 7月の主な学校行事

学校だより 6月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 5月号

熊坂小学校長 松下 八十二

コロナウイルスのため3月3日より臨時休業に入り、年度のまとめどころか、学習内容も終わらすこともできず令和元年度が終了しました。
 コロナウイルス感染が心配される4月7日に、始業式・入学式を行うことができました。久しぶりに登校する子どもたちは、友だちに会える喜びを味わい、新しい担任の先生との出会いを楽しみにしているようでした。子どもたちの喜びや期待に答えられるよう、職員一同一丸となって、令和2年度も取り組んでいきたいと思い子どもたちを迎えました。誰もが学校再開と思っていた矢先、臨時休業が延長されました。
 そして今日、2か月半に渡る長い休業でしたが予定よりも早く学校再開となり、子どもたちの元気な声がまた校舎に響き渡り、学校に活気が戻ってきました。しかし、まだ油断はできません。「手洗い」、「マスク着用」、「毎朝の検温」を引き続き行い、子どもたちの健康管理にも気を配っていきたいと思いますので、今後もご理解とご協力をよろしくお願いします。

今号の掲載内容

  • 今年度、着任した職員を紹介します。
  • 心配なことは学校へ・・・
  • 行事変更のお知らせ

学校だより 5月号(PDF版)ダウンロード