学校だより 9月号

熊坂小学校長 松下 八十二

まだまだ暑さが続いていますが、そんな中でも風は秋を感じさせてくれるようになりました。8月24日より2学期が始まりました。今年は例年にない短い夏休みでしたが、始業式で見た子どもたちの顔は充実しており、学校が始まることを楽しみにしているように見えました。校内に元気な子どもたちの声が響き、学校に活気が戻ってきました。しかし、コロナウイルスや熱中症の心配はまだまだ尽きません。子どもたちが安全・安心な生活を送れるように、コロナウイルスと熱中症への対策は引き続き行っていきたいと思います。・・・・

~ 9月26日は狩野川台風の日 ~

昭和33年9月26日、狩野川台風のために多くの尊い命が奪われました。熊坂地区にとっても、熊坂小にとっても忘れることができない日です。例年、9月26日は熊坂小学校では、狩野川台風に学ぶ会を実施しています。・・・・

今号の掲載内容

  • 地域の方による登校・下校指導
  • 蛇口水栓コマが新品になりました
  • 10月の主な予定

学校だより 9月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 8月号

熊坂小学校長 松下 八十二

 

7月7日は七夕でした。昇降口に七夕飾りを飾り、多くの子どもたちが願い事を書いてくれました。子どもたちの願いは「将来○○になりたい」「□□のような人になりたい」という願いが多かったのですが、中には「コロナが収まりますように」という願いも見られました。子どもたちの願いも高学年になるほど、現実的なものが多くなっているように思いました。野球のイチロー選手やゴルファーの石川遼選手は、6年生の卒業文集で「プロの選手になる」と宣言し、努力を積み重ね夢を実現させています。熊小の子も、早く将来の目標を見つけ、自分の目標に向かって努力できる子になってほしいと思います。また、七夕の週は授業公開週間でもあったので、保護者の皆さんにも願いを書いてもらいました。ご協力ありがとうございました。

今号の掲載内容

  • コミュニティスクールの取組み
  • 9月の主な予定

学校だより 8月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 7月号

熊坂小学校長 松下 八十二

 

梅雨入りし、日本独特の蒸し暑い日が続いています。長い臨時休業で体力が落ちている子どもたちにとっては辛い日が続いているようで、体調不良を訴える子が先月末には多く見られました。再開後1か月が経ち、子どもたちの学校生活も軌道に乗り始めたのと同時に疲れも出てきたようです。保護者の皆様には、子どもたちが笑顔で元気に登校できるよう「早寝 早起き 朝ごはん」の習慣化に向け、ご協力をよろしくお願いします。・・・・

プロジェクト企画

学校が再開され子どもたちも落ち着きのある生活が送れるようになり、少しずつではありますが周りのことを考え生活ができるようになってきました。くまっこ委員会では、熊坂小学校が素敵なあいさつのできる学校にするために、もっとよいあいさつができるようになるために何ができるか考え、各学年で実践しようと提案をしてくれました。・・・・

今号の掲載内容

  • コミュニティスクールの取組み
  • 8・9月の主な予定

学校だより 7月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 6月号

熊坂小学校長 松下 八十二

学校で子どもたちが、桜やチューリップの花を、新芽で鮮やかな緑に染まった山々を見ることもなく春は終わりました。そして、日差しが強く感じられる初夏になり、やっと学校に子どもたちが戻ってきました。長い休業が終わり学校は再開されましたが、まだまだコロナウイルス感染の心配は絶えません。学校でも3密を避け、毎朝の検温、手洗い、マスク着用を心がけ、対応に努めていきたいと思います。子どもが安全・安心な学校生活を送るためにも、保護者の皆様には今後も継続してご協力をお願いします。・・・・

~5年生の田植え体験~

6月2日(火)に、5年生が田植えを行いました。田植えにあたりコミュニティの方々が休耕田を借り受けたり、苗を育てたり、当日は道路の交通整理をしたりと、子どもたちの田植えを全面的にバックアップしてくれました。

今号の掲載内容

  • 地域とともにある学校
  • 7月の主な学校行事

学校だより 6月号(PDF版)ダウンロード


学校だより 5月号

熊坂小学校長 松下 八十二

コロナウイルスのため3月3日より臨時休業に入り、年度のまとめどころか、学習内容も終わらすこともできず令和元年度が終了しました。
 コロナウイルス感染が心配される4月7日に、始業式・入学式を行うことができました。久しぶりに登校する子どもたちは、友だちに会える喜びを味わい、新しい担任の先生との出会いを楽しみにしているようでした。子どもたちの喜びや期待に答えられるよう、職員一同一丸となって、令和2年度も取り組んでいきたいと思い子どもたちを迎えました。誰もが学校再開と思っていた矢先、臨時休業が延長されました。
 そして今日、2か月半に渡る長い休業でしたが予定よりも早く学校再開となり、子どもたちの元気な声がまた校舎に響き渡り、学校に活気が戻ってきました。しかし、まだ油断はできません。「手洗い」、「マスク着用」、「毎朝の検温」を引き続き行い、子どもたちの健康管理にも気を配っていきたいと思いますので、今後もご理解とご協力をよろしくお願いします。

今号の掲載内容

  • 今年度、着任した職員を紹介します。
  • 心配なことは学校へ・・・
  • 行事変更のお知らせ

学校だより 5月号(PDF版)ダウンロード