学校だより

学校だより 5月号

熊坂小学校長 松下 八十二

野山の新緑が鮮やかになるのに合わせ、たくさんのツバメが熊坂小に戻ってきました。ツバメは縁起の良い鳥なので、今年も熊坂小に何か良いことをもたらしてくれそうな気がしています。時代も平成から令和へと変わりました。5月より始まった新しい令和の時代は、やがて今の子どもたちが間違いなく主役となる時代です。子どもたちは、伊豆市や熊坂の未来を創り支えていく大切な存在です。保護者そして地域の皆様には、子どもたちが健やかに育っていけるように、温かく見守っていただきたいと思います。また、新しい令和の時代も、変わりなく学校へのご理解とご協力をよろしくお願いします。今年度も早いもので1か月半が過ぎました。長い10連休をはさみましたが、子どもたちは順調に学校生活を送れるようになり、熊坂小の合い言葉「明るいあいさつ」を毎日実践してくれています。そのため、毎朝、正門では明るく元気な声が響いています。また、5月に入ってもまだ寒暖差が激しく体調管理が心配されましたが子どもたちには関係ないようで、元気に運動会練習に励んでいます。


<!--...

学校だよりの最新号をみる